「手首のその痛み 、腱鞘炎じゃありませんか?」

2015年04月17日

仕事や家事などで、手首を多く使う人はこの腱鞘炎に一度はなったことがある人も多いと思います。

まず、体の構造から説明すると、手首をはじめ、関節を動かすのは筋肉です。

その筋肉の力を手や足の先まで伝えるひも状の組織を腱といい、この腱が浮き出たり、ずれたりしないよにするために、腱鞘というトンネルの中を通っています。この腱が炎症を起こすことを腱炎といい、腱と腱鞘の間に起きたものを腱鞘炎といいます。手首の場合、肘より下の筋肉が固くなってしまうことにより、手首周辺の腱が過度に引っ張られたりして炎症を起こし、痛みが出てきます。

腱鞘炎で最も多いとされているのが、親指の付け根に痛みが生じます。

重たい荷物を持ったり、小さい子を長時間抱っこし続けたりすることが原因で起こります。

症状としては、手首を回したり動かしたりするときに痛みが出たり、腫れなども見られることがあります。

原因としては、先にも述べたように、手首や指の使い過ぎからきています。また、女性の場合は、産後や更年期など、女性ホルモンのバランスが変わる時期にも起こりやすいといわれています。