メディカルフィットネス入間整骨院

元プロ野球選手の施術する整骨院

腰部・股関節の痛み

股関節の痛み
腰部・股関節の痛みに悩んでいませんか?
メディカルフィットネス入間整骨院では、腰部・股関節の痛みの治療も行っております。
こちらでは、腰部・股関節の痛みで多い、腰部・股関節の痛み腰部椎間板ヘルニア狭窄症股関節変形性関節症について解説しております。

下記に挙げる項目に該当する患者様はご相談ください。

腰部・股関節の痛みの該当項目

 朝起きると腰に痛みや違和感がある
 座っていると腰が痛くなる(ドライブ、授業中など)
 休みがらでないと歩行ができない
 お尻や、足に痺れがある
 股関節がうまく動かせない、痛みがある
 マッサージなどを受けているが効果がない
 病院で脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性股関節症、坐骨神経痛を言われたことがある
 手術と言われたができれば避けたい
の症状が当てはまり、悩んでいる方は、上記の疾患・症状の可能性がありえますので、ぜひご相談ください。

   

腰部の代表的な疾患

腰部脊柱管狭窄症 腰部椎間板ヘルニア すべり症  腰椎捻挫  圧迫骨折 筋筋膜性腰痛

股関節の代表的な疾患

変形性関節症 鼠蹊部痛 大腿骨頭壊死

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎の椎間板の髄核が突出し、神経を圧迫する疾患

腰椎の椎間板の髄核が突出し、神経を圧迫する疾患
ヘルニアといえば腰椎ヘルニアの事だと最近では広く認識されるくらい頻度の高い疾患です。
そもそも「ヘルニア」とは、臓器や組織の一部が組織の隙間を通って、本来あるべき場所ではない部分に飛び出している状態のことです。
そのためヘルニア=腰のヘルニアとイメージされがちですが、代表的なものとして鼠経ヘルニア、大腿ヘルニア、脳ヘルニア、食道裂孔ヘルニアなどがあります。
そしてその中で一番有名かつ頻度が高いのが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎椎骨の間でクッションのような役割をする椎間板が変性して突出し、近くにある神経を圧迫することで様々な症状を引き起こす疾患です。

腰椎椎骨の役割とは?

腰椎椎骨は背骨を形作る骨で、腰部に5個存在します。
姿勢を維持する支柱としての役割や、脊椎の中心部にある脊柱管と呼ばれる管状構造の中を走っている脊髄を守る役割を持ちます。
脊髄は脳から出て椎骨の中を通り腰部まで走りますが、一つ一つの椎骨の間から左右に二本の末梢神経を出して、その周辺部分の運動や知覚を司ります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

腰椎椎間板ヘルニアでは、この脊髄や末梢神経が飛び出した椎間板によって刺激されることで、麻痺、痛みやしびれなどさまざまな症状が生じます。

年齢による老化で椎間板の弾力性がなくなり、長期に渡ってじわじわと椎間板が変形していくケースが多いのですが、若い方だと交通事故や高いところから落ちるなど、一回の強い衝撃で椎間板を痛めてしまうことがあります。
また長期間の立ち仕事や中腰などの姿勢が多い方(特に女性の方は、家事や育児で中腰の姿勢を取ることが多い)、重たいものを持つ仕事の方、長時間同じ姿勢で座って仕事をされる方も同様に椎間板が飛び出してくる可能性があります。
他にも咳やくしゃみで痛みが出現する事もあります。
このように腰椎椎間板ヘルニアは、性別や年齢に関係なく、どなたでもかかり得る病気と言えます。

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状

初期症状

初めの症状は腰痛ですが、だんだんと腰から足先までの痛みやしびれが出現します。
特に、おじぎなど前かがみになった時や、イスに座った時などに痛みが増します。
腰椎椎間板ヘルニアが悪化すると、下半身の麻痺(力が入りにくい、歩きにくい、つまずきやすい)、排尿(尿もれ・頻尿・出ずらい)、排便(便秘・下痢・便がもれる)に支障が起こることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療とは?

メディカル・フィットネス・入間整骨院での治療

最初に患部や全身の評価、神経学的テスト、理学検査を行い当院で扱えるヘルニアかどうか鑑別します。
足の親指を利用した神経学的反射テストは腰部椎間板の状態を把握することができます。
問診、各種検査から当院で扱えると判断した場合は検査をもとに治療方針を立てます。

まず、痛み軽減のために、腰椎のお腹側を開くようにしながら物理療法(hivoltage・EMS)を行います。
腰部周辺や股関節などのバランスを見ながら関連筋群へのリリース、仙腸関節、腰仙部へ関節ニュートラス整体を施します 。

痛みの程度を見ながら、当院の特徴である機能改善を行います。
腰部の問題はヘルニアに限らず、患部周辺のいわゆる凝っている筋肉をほぐしてストレッチして、などでは改善が見込めません。
腰椎の疾患には腸腰筋のスパズムがほぼ関与しています。
当院の機能改善は腸腰筋や起立筋のスパズが起こらないよう、インナーユニットの機能を正常にし腹腔内圧を高めることを目標とします。

ヘルニア、という言葉を聞くと多くの患者様が表情を曇らせます。
恐ろしい疾患で手術をしなければ、と考えることもあるようです。
しかし全てのヘルニアが手術へつながるものではなく、適切な処置を行えば、痛みが緩和し快適な日常生活を取り戻すことが可能です。
また、考えなければならないことの一つに、画像上ヘルニアであると診断されていても、現在の痛みがそのヘルニアからもたらされるものではない事もあります。
今現在の痛みや不調の原因を究明し、適切な処置をします。

当院で扱えないと判断した場合は専門のドクターをご紹介します。
当院では早くから専門の医療機関と医療提携を図っており、病院で精査を行い、痛みの程度を見ながら当院でリハビリを行います。
まずはメディカル・フィットネス・入間整骨院へご相談ください。

頸部脊柱管狭窄症とは?

椎間板が変形することで、腰椎の神経が通る脊柱管の中で、絞扼を受ける疾患

疾患名にもあるように脊柱管とは、脊椎の後ろ側にある、脊髄が通るトンネル状の空間のことを指します。
この大事な脊髄が通るトンネルが、何らかの原因で狭くなり(狭窄)神経が圧迫されると、
しびれや痛み、脱力(マヒ)などの神経症状が起きます。
この脊柱管狭窄症は、頸椎(首)以外にも、胸椎(背中)腰椎(腰)で起こります。

靭帯が厚くなったり、加齢やお仕事、背骨の病気などによって椎間板が変形してしまったり、骨や関節そのものが変形し突出してしまうことで神経が通るトンネル(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されてしまう疾患です。

症状は大きく三つの段階に分けられます。

⓵初期の症状です
神経症状は少なく首や肩甲骨のこりや痛みだけの時期があり局所の不調を感じます。
首を動かすと痛みが強くなる場合があります。
多くの患者様はこの状態が比較的長く続き、症状が治ったり出現したり、を繰り返します。
⓶神経症状の出現 (脊髄から枝分かれした細い神経の障害になります)
頸部の脊柱管がかなり狭くなってくると様々な神経症状が出現してきます。
首、肩周辺、腕から指先にかけて痛み、しびれ、力が入りにくいなどの症状が出始めます。
⓷運動障害・下肢の障害 (太い神経(脊髄)に障害が及んでいます)
両方の手足がしびれたり動きが悪くなったりします。
細かい動作(箸を使う・ボタンをかける・字を書く)などができにくくなります。
下肢の症状も出現することがあり、巧緻運動障害(歩行困難・階段が上がれない)が見受けれれます。

メディカル・フィットネス・入間整骨院での治療

まず初めに問診から得た情報をもとに全身や患部の状態の評価を行います。
歩行状態のチェック、感覚以上、腱反射のテストも同時に行います。
徒手による筋出力の検査では有用な情報が得られます。
ここで行った評価を患者様に説明し、治療方針を説明します。
⓵まず、関節ニュートラル整体により可動域を改善させます。
物理療法(hivoltage・ラジオ波)も合わせて取り入れます。
⓶狭窄症の患者様は「機能改善」を行い身体を上手に使えるようになることが大切なこととなります。
メディカル・フィットネス・入間整骨院では痛みや痺れを取ることと並行して、頸部に負担のかからない姿勢を会得することを目標としています。
毎日使う身体だからこそ自分自身の身体を上手に使えるようにし、頸部への負担を減らしていくことで、痛みや不調を改善させ快適な生活を送れるように導きます。

当院で扱えないと判断した場合は、専門のドクターをご紹介します。
当院では早くから専門の医療機関と医療提携を図っており、病院で精査を行い、痛みの程度を見ながら当院でリハビリを行います。
まずはメディカル・フィットネス・入間整骨院へご相談ください。

\ 入間整骨院では腰部・股関節の痛みの治療を承っております。 /
予約・お問合せはこちら
診療のご予約はインターネットで24時間受付ております。
入間整骨院の施術方法

入間整骨院の施術方法

当院では、現在お困りになっている「痛み」を取り除く施術はもちろん、痛みに対し根本的にアプローチする施術を得意としております。

まず、丁寧な問診、医学的根拠に基づいた検査・評価を行い、患者様の症状・体質等にあわせた個別のメニューを作成します。

当院では、痛みをとるだけではなく、間接ニュートラル整体(KNS)という施術や筋膜リリースという施術により、背骨や骨盤、関節のゆがみを矯正し、筋肉のバランスを整える痛みのない施術を得意としています。

また、症状が再発しないよう、本来使っている筋肉を本来の役割どおり正しく使えるよう、メニューに運動を組み合わせていることも特徴です。

受付時間・アクセス

受付時間
8:00~12:00 × 16:00まで ×
15:00~19:30
休診・・・水曜・日曜日・祝祭日
予約優先となっております。
受付時間・アクセス

入間の接骨院

肩こり・腰痛・ひざ痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・頚椎ヘルニア・むちうち・五十肩・スポーツ障害などの痛みやしびれ(痺れ)にお悩みの方、ぜひご相談ください。

2014年の開業以来、埼玉県入間市、飯能市、所沢市、日高市、新座市、川越市、狭山市、東京都東村山市、瑞穂市、清瀬市、羽村市、東久留米市、東大和市、東村山市、小平市、西東京市から多くの患者様にご来院いただいています。

04-2946-8824