野球肘・肩

当院の野球肘治療の特徴

  • 院長がパーソナルトレーナーとしてプロ野球選手と契約
  • 1人1人の状態に合わせた治療プログラム
  • エコーによる診断
  • 痛める前の状態よりもよい状態にします

院長がパーソナルトレーナーとしてプロ野球選手と契約

パーソナルトレーナー

当院は院長がプロ野球選手である医院、プロ選手が通う医院

というだけではありません。

院長がプロ野球選手とパーソナルトレーナーとして契約している医院です。

通うだけなら1度来ただけでプロ選手が通うと名乗ることもできます。

しかし、パーソナルトレーナーとして契約というのは1度だけではありません。契約を結ぶということは継続的にサポートをするということなので、信頼があるからこそできることです。

1人1人の状態に合わせた治療プログラム

当院では、画一的な治療ではなく、あなたの話をよく聞き、あなたの状態をよく見た上で、あなたにあった治療プログラムを作成して、治療します。

エコーによる診断

当院では、エコーを利用した診断を実施しています。

エコーを利用することで、レントゲンでは映らない損傷を見つけることができます。

また、レントゲン治療のような被曝がありません。

当院の設備についてはこちらをご覧ください

痛める前の状態よりもよい状態にします

野球肘の原因はフォームが原因の場合が多いです。

当院では、フォーム改良も含めた治療を行うことで、治療前よりも良い状態にします。

院長がパーソナルトレーナーとしてプロ野球選手と契約している実力があるからこそできる治療です。

こんな悩みの方におすすめ

熊澤とおる

どこに行っても治らなかった・・・

もっと早く行けばよかった・・・

そんな声を頂いてます。

お子さんが持っている能力を最大限に発揮させることを目指します!!

当院には多くの障害を持った患者さんがおみえになります。

そのなかでも野球肘や野球肩が多く来院され、
こんな事を言われるお子さんや保護者様が多くいらっしゃいます。

  • 今までどこの病院に行ってもよくならなかったんですが・・・・
  • いつ治るんですか?
  • 再発はしませんか?
  • 投球ホームは直せますか?
  • この子、怪我が多いんですが何故ですか?
  • 本当は痛かったんだけど、試合に出たいから我慢してました・・・
  • 俺も痛かったことがあったけどすぐ治ったし、息子も大丈夫だろうと・・・
  • もっと球を遠くに飛ばしたい! 早いボールを投げたい!
  • 最後の大会なのでどうしても出してやりたいんですが・・・
  • 病院に行った方がいいんでしょうか?
  • 運動は教えていただけるんでしょうか?
  • アイシングはした方がいいんですか?
  • どんな練習をした方がいいんでしょうか?
  • どんなストレッチ方法がありますか?

当院にお見えになる、野球肩・野球肘のほとんどの方は、姿勢が良くないことに気がつきました。

熊澤とおる

院長である熊澤はプロ野球西武ライオンズの選手・コーチとして、活躍してきました。

また、松井稼頭央選手がメジャーでプレイしている際に、パーソナルコーチとして、渡米して本場アメリカの施術を経験してきました。

骨折やスポーツ障害など、様々なケガを経験し、その度に大好きな野球ができないという苦しさを味わってきました。

その中でも肩・肘の痛みは痛みの強い期間も長く、一番つらい思いをしました。

特に小中学生において・・・

「どういうフォームで投げたらいいのか?」

これは本人も親も悩むところです。

書店に行けば◯◯式や◯◯メソッドなどの技術本がたくさんありますし、
コーチからも数多くの技術を教えていただけると思います。

しかしその技術も基礎があってこそだと思いますし、
それぞれ著者や指導者によって考え方が違います。

技術的なことをコーチに教えてもらってもそれがうまくできないことはありませんでしたか?

「かっこいいフォームで投げたい」

「球速をUPさせたい」

「コントロールを身につけたい」

それは誰もが求めることですが、その前に怪我をしにくい身体の動かし方を身につけてほしいと思います。

心配しなくてもいい理由には3つあります。

  • その1 ファームよりも先ず大切な姿勢を改善していきます。
  • その2 自宅での運動指導やトレーニング方法を伝授します。
  • その3 専門の医師が必要な場合は、ご紹介しています。

当院では治療後に姿勢が改善したか、ビフォー・アフターをとり変化を感じて頂きます。

当院ではフォームは基本的なことをポイントで教えていきます。

もっと専門的にじっくりと指導を望む方は、専門の医療機関も紹介できます。